Junk Music 0112 30 : what can i do






the world i live in the sky is unlimited so you are
they say nothing youre afraid of no fear around you
you are unlimited so the sky is 

there is another world where the sky is limited 
there are people locked in a cage   feeling hopeless  living with the fear of being killed and tortured they are dying on the street  desperate to flee their homeland to just just breathe and live  
what can i do  what can i do
この平和な国に住んでいる俺はなにができる 武器を手に戦う子ども 客をひく幼い少女達がいる 争いのない世界はすぐそこねと、君も熱く言ってた wwhat can i do  what can i do  what can we do 


今年も無事明けました。
何事もなく毎日が過ぎ去ってくれることを祈っていますが、現実はそうも行かないようで、相も変わらす戦争という愚かな言葉がマスメディアを賑わしています。
大昔、Kubrickの映画‘2001年宇宙の旅’を見た時、胸が躍った微かな記憶があります。公開されて50年余りが経ちましたが、世界は良くなっているのだろうか、と自問しています。
唯、知りえたことは、あらゆる分野の専門家、知識人が御託を並べようが、未来のことは誰も何も知っちゃいない、と言うことです。
これからは誰もが、社会形態、常識、政治形態も含め、あらゆる分野において、善と思ってやっていること、黙認している事柄に、これでいいのだろうか、と問いかけ、納得できる答えを自分で得る努力をすることが、この不格好な、不安定な、いつ破裂してもおかしくない風船社会を生きる手段の一つにはなりえる、、のかなと。

昨今の相撲協会における、貴乃花の姿にひどく心を揺さぶられ続けているわけでありまして。なぜ理事を解任されたのかが全く分からない私であります。組織にどっぷりつかり、溺れ切った人々が彼を非難するようだ、今の自分を否定したくないからだ。
そこには組織以前の無垢な人としての感覚をなくしてしまっている。
そんな、長い物には巻かれろ派連中に言葉が通じるだろうか。
しかも、理不尽なことだと薄々感じている輩に、、、、



上記の曲をuploadしました。聴いていただけたらうれしいです。


Comments 0

Leave a reply