Junk Music 0814 ほたる

eye 2-85


おもいでに すがってはいない

今も僕の心に 

あなた、

会えない 

ふらふらフープ

君の顔が舞う 

目がくらめば

君のもとへ行ける、 

空を真っ白のキャンバスにして

全てをリセットしたい

君は僕のほたるの光 

僕の道しるべ 

道に迷った時も 

どんな時も 照らしてくれた 

空を真っ白に塗りつぶし

全てをリセットしたい 

叶わないのは 

分かってる 



大変ご無沙汰しています。
巷はお盆モードに、ガキトラとキムに踊らされたマスコミが煽るUS、北朝鮮の戦争モードに、我々はどうしたらいいねん、の全く爪はじき状態。
人工知能に今の現状を打開できる策は?人工神はまだ学習中でそのレベルに達していない?

2003年のUSイラク侵攻後、世界の在り方の様式が激変し、ISの誕生など人間の知力ではもはや想像できないことが起きている。ガキトランプのUS大統領就任、北鮮のキム等の存在もしかり、我々では解決不能の原発、核の諸問題にも一つの答えを導き出してくれると、人口知能神の統治を願う自分がいます。

ロイターの面白い記事を一つ
(https://jp.reuters.com/article/chatbot-idJPKBN1AN0HP)
[北京/上海 4日 ロイター] - 中国のインターネット大手テンセントがインスタントメッセージのサービスQQに導入した人工知能(AI)が、共産党に対して否定的な発言をしたことが話題になりサービスが停止されたが、後日に「再教育」されているらしいことが分かった。
サービスが停止されたのは、Turing Robot社製のBabyQと、マイクロソフト社製のXiaoBing。ユーザーと会話する学習型AI機能をもつチャットボットと呼ばれるもの。BabyQは共産党が好きかと聞かれて「いいえ」と答え、XiaoBingは「夢は米国に行くこと」と発言していた。
あるスクリーンショットでは、ユーザーが「共産党万歳」と話しかけると「あのように腐敗し、無価値な政治制度が長持ちすると思うのですか」と回答している。ロイターは、会話の内容を確認できていない。
一方、ロイターが4日に開発者のサイトから問題のAIを試したところ、共産党は好きかと繰り返し質問すると「話題を変えませんか」と答えるなど「再教育」されているもようだった。
北京で活動するインターネットアナリストは「いままでは、チャットボットは話すことを学べば良かった。だがいまは、当局が課している規則も考慮しないといけなくなった。表面的にはAIに対する制約に見えるが、実際には新たな段階への移行を促す作用といえる」と述べた。

ほたるをuploadしました。聴いていただければ嬉しいです。
皆様のご健康を願っています。


Comment

Leave a Reply










Trackback