FC2ブログ

dorock osamu

novel・ Junk Music

1: junky musicology MJ & prince

Posted by dorock osamu on   0  0

junky musicologyに実名が出てきますが創作です。
ドラッグ関する記述が多く出てきます。日本の実社会での使用はillegalです。
30年以上前にカーター元米大統領が言ったように、ドラッグ(大麻、ハシシ、ヘロインではない)で得る快感とそれで被る罰則は全く割に合いません。実社会では不要のものです。しかし、50、60,70年代のmusic scene ではその変化、進歩に多大な影響を与えました。 、、興味がない方はどうかスキップしてください。



110512 GUITAR - コピー10
1: MJとprince

princeが召された。purple rain で世に出てきた時、俺はNY、Lower East Ave・A の9thと10Thの間に住んでいた。MTVが始まったころで、music videoはCD売り上げの宝だ、と大手レーベルがのめり込み始めたころだ。

チンケイな奴だ、と思った。変にvisual、でもhen。一見marc bolan風、、でも動きはhen 、ギター音は2層、表はpureっぽい泥臭さ、でも下は不気味でalien風。なんだ、こいつは、、って感じだ。商業的な成功を意図したbowie等とは明らかに異質、まさにonly one,impactのあるhenなmusicianだった。

marvin gaye、curtis mayfield,やや白っぽいisley brothers等、それまでのblack artistとは違いbigになろうと上昇志向絶大。その為にはblackの味を消す、と。purple rain はまさに万人受け用の計算された曲だった。
(だが晩年は鞘に収まった、日本人にはとっつきにくい、sly・F、Pfunk系に)、

彼にとってMJ(マイケル)の存在はでかかった、ライバル視した。
1982年のprinceのアルバム1999は、その一月後に出たMJのthrillerの敵ではなかった。
princeは苛立ちを抑えることができなかった。
‘I gonna get to that! Gonna be the biggest dog!(追いついてやる!)と叫んだ。
soul・funk系の曲だったpurple rain をpop・rock に演奏しなおした。
そして、hitした。
(しかし、その大衆に迎合した代償は大手レーベルとの喧嘩、決別、そして自らの名前の改名、CDのNET販売につながる。以降、本来のartistとして自分の音楽を追求する、この一点に心身とも捧げた)。

数年後、
MJはprinceに‘I’m bad’のテープを送り、コラボしたい、と伝えた。
頭にきた、自分こそbadな人間だと信じていたからだ。
Prince は自ら曲を録り直し、MJに送り返した。

MJ:こんな曲にすべきだったんだよ、のメッセージを添えて

そのMJは既にいない、princeも。
似たような原因不明の旅立ちが二人の最初のコラボとなった。

Nothing compares 2u
この曲のカバーバージョンを sinead oconnorで聴いていただけたら
彼の素晴らしさが、、https://www.youtube.com/watch?v=e_fPS0HwjJc

Nothing compares 2u,prince. おまえはおまえだ、prince



dorock osamu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://dorock.blog100.fc2.com/tb.php/446-03f14d4c
該当の記事は見つかりませんでした。