3:音lamusica :The sun broke through the storm. 俺たちはBorn to be Free   

The sun broke through the storm  

The sun broke through the storm  
The sun broke through the storm
大荒の天気にいきなり太陽が そして 虹が二つ
まだ微かな望みがある 僕は君を追いかけた

君のことで爆発寸前の風船抱えて
この悲しみから抜け出せるなら
僕はなんでもやる
でも 空は雨風台風 もう太陽も虹も逃げていない
ハンドルにシンクロ僕の気持ちは不安で ガタガタ震えてる
ワイパーは一途に空回り フロントガラスはナイアガラ

一度はあきらめた君への思い 今を逃したらもうあう会えない
望みはある 望みはある  失うものは何もない 

The sun broke through the storm
走れ 走れ 走れ 走れ 望みある限り
The sun broke through the storm
走れ 走れ 走れ  望みある限り
The sun broke through the sky

俺たちはBorn to be free

君は汗まみれで今日も、ボールを追いかけている 
ゴールは目の前でも、邪魔、障害、妨害で、
果てしなく遠くて くじけそう 
陰口、悪口、無視、嘘、悪戯、仲間はずれ、いじめ、 all over 
I don’t bother you
Just let me alone
俺たちはborn to be free 

今の君は卵の黄身、手探りで明かりを探すのにも疲れただ闇に眠る 
割られ、つぶされ 壊されまいと、
殻を固め 固めて 
朝焼けに巡り逢えただけでHappy  Happy day なのに 
いつか 気づいてほしい 
俺たちは born to be free 
born to be free 
俺たちはborn to be free  

泣きたい時は 誰もがあきれるほどに 大粒の滝の涙を流そう 
叫びたい時は こえのかぎりに わめく うめき どなる
俺たちは born to be free 
born to be free 
俺たちはborn to be free


Muzieでuploadしました。聴いていただければ嬉しいです。

安保関連法案成立で支持率の下落をどこまでで食い止めることができるかが、去年からのアベ氏の命題でした。それまで新国立競技場建設問題を放置し、法案成立で国民の怒りガスを抜くため時期を合わせる必要があった。
国立迷走の責任は、アベ氏、それに従った下村氏にあり、森氏は蚊帳の外、、だった?。

日米安保ありきで、それを肯定している国民が圧倒的に多い。
未だに不平等の日米地位協定、既に戦後70年経っても沖縄の現状は変わっていない。
日本中にある米軍基地、年・7000億を超える莫大な維持費負担。
ここまで日本のリーダー達は、米に尻尾を振るだけでこれらの諸問題を米に提起してこなかった。
日米安保協定の破棄を含め、議論する時期にきている。

日本は独立国だろう。



Comment

Leave a Reply










Trackback