5: the other side of Shakespeare  晩年

5:天才の晩年

いつ捕われてもおかしくない状況だった。
エセックス伯からインスピレーションを得た「ハムレット」を1600年から執筆中だった。

これだけは、友の為にも完成させなければ、だが、時間は、、残されているだろうか、、、

あがいた、、そして、自分に関わり合いのある人達が連座して捕まるのをひどく恐れ、手紙、書簡等、関係する全てを処分するように、友人、知人に頼んだ。


しかし、一週間が過ぎ、一か月になっても何のお咎めもなかった。
そして、1602年にハムレットを書き終えた。

女王は知っていたのか、私がハムレットを執筆中で、エセックス2世がその人だ、ということを?

翌年、女王が亡くなったと知らされた時、これからの半生を演劇に捧げることを心から誓った。
(エリザベス一世の後、王になったKing Jamesとの関連事項は残されていない)

正直なところ、二人の貴族パトロンとの出会い以上にエリザベス一世なしではシェクスピア劇は存在しない。
女王は演劇が民衆に与える影響を危惧していたにもかかわらず、演劇という芸術を認め、それまで町の広場、食堂、宿屋の中庭で上演されていた劇を治安上、市内では認めなかったが郊外に劇場を造ることを許した。

裏話
初代エセックス、それにライセスターは共にエリザベス一世とは蜜月の仲、その息子、エセックス2世は女王の寵愛を受けていたが反逆罪で絞首刑。愛憎、嫉妬、妬み、権力欲、、戯曲の題材はうんざりするぐらい身近にあり、天才はこの世での持ち時間との勝負に明け暮れていた。

初代エセックスの妻はライセスターと不倫関係で、初代の死後結婚している。結婚するならライセスター、と真剣に思っていたエリザベス一世がそれを知ったのは9カ月後で、激怒した、と残っている。
そして、エセックス2世はライセスターの子ではないかとも、、、

女王は1562年、29歳の時、天然痘にかかり一命をかろうじて取り留めた。しかし、顔に痣と頭髪が抜け落ちるという代償を負った。
以来、厚化粧とカツラをつけていた。それが独身を通した一因だとも、、
1599年、それまで寵愛を受けていたエセックス2世は、たまたまその彼女の真の姿を見てしまう。それも斬首の一因、とも。
しかし、彼の死をひどく悲しんでいた記録が残っている。

少数派のカトリックの出であるがために迫害を受け、14歳で家の貧しさゆえ教育の場を奪われ、一家の没落、人生の浮き沈みを目の当たりにし、父のように上昇志向の野心を抱いた青年だった。
劇の存在、そして自らの才能が全てを変えた。
王になると期待したエセックス2世との出会いで夢を見た、貴族になると、いう。しかし、叶わなかった、が、罪にも問われなかった。

天才は書くことと、財産を増やすことに邁進した。
人間関係、仕事関係、諸々の記録は可能な限り抹消できたが、やけに人間臭い(土地、金銭の貸し借り、愛憎など)裁判に数多く関わった事実だけは削除できなかった。それらは戯曲のエネルギー、題材を得る宝だ。

晩年のストラドフォードでは恩恵を人々に施した地区の聖職者となり、同情心豊かなひどく控え目な性格であったようだ。

戯曲・演劇=自分、物欲は社会との接点、息抜き、、作品は生まれ続けた。
社会生活とアーティスト、シェクスピアは天才だった。

ビートルズ、エルビス、マイルス、ジミヘン、彼らが今もって、これほどまでに我々の脳裏に鮮やかに残っているのは、1950,60,70年代の音楽性のバージョンアップ激動期に遭遇し、その時代のエネルギーを糧にオリジナリティ溢れるmusicを創造できたからだ。
世界演劇史にも残るエリザベス一世時代に生を受けたシェクスピアは幸せな人だった。

1670年、長女スザンナの子、エリザベスを最後にシェクスピアの家系は絶えている

(幅広い学識は、同じ通り(Henley Stree)に住んでいた友Richard Field(後年、ロンドンで本屋、編集者に)が持っていた本のcollectionで勉強した。そして、劇との接点は、当時、ロンドンから多くの劇団が興行にストラットフォードを訪れていた、とある)
5:天才の晩年

いつ捕われてもおかしくない状況だった。
エセックス伯からインスピレーションを得た「ハムレット」を1600年から執筆中だった。

これだけは、友の為にも完成させなければ、だが、時間は、、残されているだろうか、、、

あがいた、、そして、自分に関わり合いのある人達が連座して捕まるのをひどく恐れ、手紙、書簡等、関係する全てを処分するよう、友人、知人に頼んだ。


しかし、一週間が過ぎ、一か月になっても何のお咎めもなかった。
そして、1602年にハムレットを書き終えた。

女王は知っていたのか、私がハムレットを執筆中で、エセックス2世がその人だ、ということを?

翌年、女王が亡くなったと知らされた時、これからの半生を演劇に捧げることを心から誓った。
(エリザベス一世の後、王になったKing Jamesとの関連事項は残されていない)

正直なところ、二人の貴族パトロンとの出会い以上にエリザベス一世なしではシェクスピア劇は存在しない。
女王は演劇が民衆に与える影響を危惧していたにもかかわらず、演劇という芸術を認め、それまで町の広場、食堂、宿屋の中庭で上演されていた劇を治安上、市内では認めなかったが郊外に劇場を造ることを許した。

裏話
初代エセックス、それにライセスターは共にエリザベス一世とは蜜月の仲、その息子、エセックス2世は女王の寵愛を受けていたが反逆罪で絞首刑。愛憎、嫉妬、妬み、権力欲、、戯曲の題材はうんざりするぐらい身近にあり、天才はこの世での持ち時間との勝負に明け暮れていた。

初代エセックスの妻はライセスターと不倫関係で、初代の死後結婚している。結婚するならライセスター、と真剣に思っていたエリザベス一世がそれを知ったのは9カ月後で、激怒した、と残っている。
そして、エセックス2世はライセスターの子ではないかとも、、、

女王は1562年、29歳の時、天然痘にかかり一命をかろうじて取り留めた。しかし、顔に痣と頭髪が抜け落ちるという代償を負った。
以来、厚化粧とカツラをつけていた。それが独身を通した一因だとも、、
1599年、それまで寵愛を受けていたエセックス2世は、たまたまその彼女の真の姿を見てしまう。それも斬首の一因、とも。
しかし、彼の死をひどく悲しんでいた記録が残っている。

少数派のカトリックの出であるがために迫害を受け、14歳で家の貧しさゆえ教育の場を奪われ、一家の没落、人生の浮き沈みを目の当たりにし、父のように上昇志向の野心を抱いた青年だった。
劇の存在、そして自らの才能が全てを変えた。
王になると期待したエセックス2世との出会いで夢を見た、貴族になると、いう。しかし、叶わなかった、が、罪にも問われなかった。

天才は書くことと、財産を増やすことに邁進した。
人間関係、仕事関係、諸々の記録は可能な限り抹消できたが、やけに人間臭い(土地、金銭の貸し借り、愛憎など)裁判に数多く関わった事実だけは削除できなかった。それらは戯曲のエネルギー、題材を得る宝だ。

晩年のストラドフォードでは恩恵を人々に施した地区の聖職者となり、同情心豊かなひどく控え目な性格であったようだ。

戯曲・演劇=自分、物欲は社会との接点、息抜き、、作品は生まれ続けた。
社会生活とアーティスト、シェクスピアは天才だった。

ビートルズ、エルビス、マイルス、ジミヘン、彼らが今もって、これほどまでに我々の脳裏に鮮やかに残っているのは、1950,60,70年代の音楽性のバージョンアップ激動期に遭遇し、その時代のエネルギーを糧にオリジナリティ溢れるmusicを創造できたからだ。
世界演劇史にも残るエリザベス一世時代に生を受けたシェクスピアは幸せな人だった。

1670年、長女スザンナの子、エリザベスを最後にシェクスピアの家系は絶えている

(幅広い学識は、同じ通り(Henley Stree)に住んでいた友Richard Field(後年、ロンドンで本屋、編集者に)が持っていた本のcollectionで勉強した。そして、劇との接点は、当時、ロンドンから多くの劇団が興行にストラットフォードを訪れていた、とある)

Comment

Leave a Reply










Trackback