核 3

 核 3


今年、8月24日、すでに青森に配置されているX-band レーダーを日本南部に配備を検討と、日米政府が、そして、9月17日、このレーダーの配置が決まった。名指しは避けているが沖縄だろう。一応、北朝鮮のミサイルの捕捉名目だが中国を念頭においている。仮に中国が米に核ミサイルを発射したら、の為だ。だから当然、有事の際は攻撃第一目標になる。米はこのレーダのフィリッピン配備も検討している。

現在、ペンタゴンによると、中国は
55-65のICBM
2潜水艦がそれぞれSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル・24弾)を保有

米国科学者連合によると、2011年にロシアは
322のICBM(1090弾)
144のSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル・528弾)

米国科学者連合によると、米は
448 ICBMで500弾、
249のSLBで1200弾 


1996年、国連で批准されたCTBT(包括核実験禁止条約)を182の国が批准している。しかし当時共和党が多数だった米は上院が反対し、今もオバマが批准を求めている状態だ。もちろん、中国は批准していない。

国際世論を無視できないので地下核実験をやれる状況ではない。だからスパコンを利用してヴァージョンアップの為の核実験をやる。
オバマは2010~2021年で880億ドルの予算をスパコン核実験シュミレーションにつけた。
カルフォルニアLawrence Livermore National Laboratoryでそれをやっている。
原爆のヴァージョンアップには原爆テストが必要だと唱える科学者もいるが、(弾頭の小型化も)スパコン利用核実験を可能にしたのは、1945ー1992に行った1054回もの核実験で得た膨大なデータがあるからだ。

これまでの核実験回数
米(1054)ロシア(715)中国(45)英(45)仏(210)インド(6)パキスタン(6)
北朝鮮(一応2度)イラン(北朝鮮で2度、確かでない)

                      続

Comment

Leave a Reply










Trackback