スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなろうが知ったこっちゃない

どうなろうが知ったこっちゃない
    
(旅)

世界平和の時間、日
世界平和の時間
Ⅰ月1日・午前零時
世界平和の日
     Ⅰ月Ⅰ日

 
欧米でも休日の1月1日 (向こうではただの休みに過ぎないが)

1月1日・午前零時、究極の民主的な時間がまた否が応でも訪れます。
この天体に住むすべての人にとって、一つになれる、記憶に残せる、誓いを新たにできる、時間です。
調べた限りではこの日だけは不思議と事件は少ないようです。
この日を“世界平和の日”として国連が定め、全世界の人々が”平和への思い”を共有できたら、この天体は少しgoodな世界にならないだろうか。


この天体の人々が争いもなく共存できるとは思えない。
でも現実は、、そうしないと、
種族、民族、宗教、国、肌、、言葉、、ロンドン、NY、世界有数のモザイク・ごった煮の二つの都市、いつもそう感じた。
体臭、食べ物、肌、、反目、反感、いがみ会い、そして殴りあう。

“なぜ嫌うのだ?”
“嫌いだからさ”

理由もなくそう言う馬鹿がいた。


世界が一つになる、、俺たちには無理なのだ。
また、また、、でも、だ。そうしないと、、ことには、、
そこに国益というまやかしものが入ってくると、多くの人が殺し、殺され、犠牲になる。

米、優越性を保とうと他の国の政治形態、社会、秩序を民主主義、人権、自由の美名を掲げて介入し混乱を起こし、利がないと悟ると知らんぷり。
その国の人達の行く末など気にも留めない。
くだらない国の威信のため、罪のない人々を犠牲にし、自らも多くの兵士が命を落とす。

今年、最大のソマリアの飢餓は旱魃が原因だといわれている。実際は米介入による混乱が原因だ。(1991年、ソマリア全土の2/3は米の4石油会社、Conoco, Amoco, Chevron and Phillipsに割り当てられていた。当時の大統領Mohamed Siad Barreは米傀儡政権。4社は勝手に石油採掘をし、どうにでもきた。それを転覆させられたブッシュは、、、石油のために、、、、)

アフガン=ソビエト侵攻に対処するため今のタリバン、ビンラディン(アルカイダ)に積極的に武器援助、
古くは、チリ、アジェンデ政権転覆、、中米グアテマラ、、それにニカラグア・サンディニエスタ政権転覆、、

マッチョ思考の米のメンタリティはオバマになろうが変らない。
国益のためなら何でもやるのだ。

”ほかの国なんてどうなろうが知ったこっちゃない”


日本は、、、政治家、俺たち大人の総餓鬼化。
責任は取らない、知らん振り、やばいことはやらない、、だが、、一流の国だ、とまだ思っている。

オリンパス事件、、これまで財務省、監査法人,総グルで穏便に隠し、収めてこれた日本型処理形式、同じようなことをやってきた会社はあるのだろう。
だが、隠す、、もう出せない。
この国の信用を、、これ以上。
これで今後の外交交渉で不利な条件を強いられる。

中国、インド、ブラジル、、爆発的な人口増加、環境悪化、
特に北極海油田開発、そして深海での油採掘、、確実に起こるであろう油流出、、破滅だ。それでもやるのだ俺たちは、、今度の3/11と同じだ。
原発廃棄ゴミ処理対策もなしに始め、、蓄積された膨大な核ゴミをどうするのか未だに、、目先の利だ、大事なのは、、、だからやるのだ俺たちは。

“どうなろうと知ったこっちゃないよ、君。どうせ生きてはいないしな”

だからこそ野田首相、こんな状況下で、インド、ベトナム、トルコに原発を輸出しようとあがいてる。

“国益だよ、君、、今まで投資した金は回収しないと、、それにあんな津波なんて100年に一回、いやそれ以上だ。どうせ米、ロシアが売る。俺たちが売ってなぜ悪い”


“ほかの国なんてどうなろうが知ったこっちゃない”



この天体が生き延びることはないと思っています。
もうpositiveな思考は久しくできないでいます。
また、また、、でも、だ。何かをしないと、

臨終際の時の重さと比較は到底できなくても、、
ただ、瞬間、瞬間、1日、1日を一生懸命に生き抜く、自分がやれることをやる。


ご訪問、本当にありがとうございます。

      皆様、来年もよいお年を!

           dorock=山下 修一




過去、滅茶苦茶にバックパック背負って動いていた。
ただ動き、景色が、、人の肌が、、食べ物が、変わっていく様を見ているだけで落ち着けた。
なぜ、、そんなものない、目的地も、、。
行き当たりばったり、闇雲に動き、気に入ったら期限なしに滞在、動きたくなったら又、、、
そんな旅はもうできない。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 小説・文学

■ Comment

非公開コメント

dorock osamu

Author:dorock osamu
今の社会、右、左はないのでしょうが、どのような状況であれ、妥協せず、批判的な目だけは持ち続けたい人間です。お付き合い頂けたらありがたいです。

最近の記事
dorock 全作品一覧

全ての記事を表示する

category

CATEGORIES

MONTHLY

Link Free
ランキング

FC2 Blog Ranking

you're always welcome
著作権
管理人に帰属します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。