12:神さん、あんた共犯だぜ


電話が鳴る。鈴木、知らん振りしている。
ウイルス、受話器を取ろうとする。

鈴木: 取るな、ゆかりさんだ。
ウイルス: なら取らないと。
鈴木:  取るな。やきもきさせりゃいいんだよ。
ウイルス: やきいも?
鈴木  :“やきいも”、じゃないよ。彼女、携帯にもかけてくるぞ切ってろよ。さっきの話だがいいな、ウイルス、金が入ってたらイミグレに電話するぞ!

ウイルス、うなずく

鈴木: 2人だけの秘密だ。約束守れよ!

中年の男性、亀は亀ツアーデスクに現れる。 

おさだ: カメハカメカメ・カメハカメカメ・ツアーズでょうか?
ウイルス: 違います。ここはカメハカメカメ・カメハメア・ツアーです。ここじゃないようでしょうよ?
鈴木:   いえ、ここです!(ウイルスを睨む)
申し訳ございません。どうでもいいことなのですが、最後のほうは“カメハカメカメ”じゃなくて“カメハメハ”もしくは“カメハメア”のどちらかになりますので。日本の皆さんこんがらがっている様で。ここ、ハワイの王様になります。  
おさだ:  はあ、、難しいお名前ですね。わたくし、おさだあきお、と申します。今朝、父と母がこちらに参りまして。父の名はおさだ勘十郎、母は美都子です。
鈴木:   今朝ノースウエスト10便で到着された?
おさだ:  はい。日本の代理店にこちらでの滞在中は"かめはかめかめ・かめはかめかめ・かめ、、はめは"、、でしたか?
鈴木:  難易度が高いようなので省略して“かめ”にしましょうか。
おさだ: どうもご親切に、、そのあなたがた“かめ”がお世話します、と伺っていましたので参りました。さきほど父と母が部屋にチェックインした際、スーツケースが3個入っていました。心当たりが無くて、荷札の名前が同じだったので間違えたのではと、それでお伺いしたしだいです。
ウイルス: スーツケース3個! 
鈴木:  荷札の名前が同じ?
おさだ:  父も母も高齢でローマ字が苦手です。あれほど言ったのに荷札に漢字で名前を。
鈴木:  失礼ですが、おさだ様の字は、小さいに人偏の“佐”に田んぼの“田”でございますか。
おさだ: いえ、長い田んぼの“長田“のおさだです。3スーツケースの荷札にも長い田んぼと書かれてありました。
鈴木:  は、、テキヤも荷札に漢字で?
おさだ: テキヤ?
鈴木:  いえ、こちらのことで、失礼しました。スーツケースの色を教えていただけますか?
おさだ: 赤に青と黄色です。
ウイルス: それだ!
   
おさだ、ウイルスを見る。

鈴木: おさだ様、それらスーツケースのハンドルの部分に、、手で持つ所に、アルファベットでケンタッキーフライドチキンのK、F、Cのワッペンはありましたか?
おさだ: ケンタッキー?、、ええ、FとCのワッペンはありました。でもKはなかったような。あ、、そういえば漢字の“警”ならありましたよ。
鈴木:  漢字の“警”!
おさだ: ええ、警備会社の“警”です。
鈴木:、、、
おさだ: 母の話では税関を通る時にその3個の荷物は自分達の荷物の横にあったそうです。税関の人が何か言っていたらしいのですが、2人とも理解できなくてそのまま出て来たようです。
鈴木:  その3個の荷物も一緒にですか?
おさだ: いえ、自分たちの荷物だけとは言っていましたが。
鈴木:  ご両親の荷物の運搬は我々のスタッフが空港で引き取ってこちらにお届けしたはずなのですが、、その3個の荷物は誰が税関から運んだのでしよう?
おさだ: それはですね、母の話では、税関を出ようとしたら先程の太った税関の方が台車を持ってきて、自分たちの荷物とその3個のスーツケースを乗せてあなた方のスタッフに渡したようです。
鈴木:  はああ、そういうことだったのですね。実はその荷物を探していました。どうもありがとうございます。
ウイルス:鈴木、僕、持って来る。
鈴木:  じゃ、彼が一緒に参りますので。御両親滞在中、わたくし、鈴木とウイルスがお手伝いさせていただきます。その際は指名していただけますか。家にはもう1人女性のスタッフがいますが日本語がたどたどしくて何のお役にも立てませんので。
おさだ: 鈴木さんとウイルス?、さんです?
ウイルス:はい、今、お供するわたしが御指名を受けたウイルスです。何かありましたらどうぞご利用下さいましょう  
おさだ: ウイルス、、、、あ、、はいどうも
   
ウイルスとおさだ、出て行く。

鈴木: (独り言)長い田んぼの田、おさだとながた。同じ漢字、、テキヤよ、誰がここで漢字読めるっての。いい加減にしてくれよな。それにしても荷物が出てきたタイミングはばっちり、恐いぐらいだな。これで金が入ってたら最高だぜ、、神さん、あんた共犯だぜ。

2009.11.09 


Secret