スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

43:With a little help. ジップス

with a little help from Stranger

43:ジップス

携帯が鳴っていた、二人に促されるまで気付かなかった。

「鉄二さん、大変すよ。命狙われてます。部屋には戻らないで下さい。ガンビーノに幼馴染がいましてボナンノの山岡鉄二を殺せと指示されたそうです。早朝のセントラルパークの毛虫捕りが助けてくれたようです。居所が掴めなかったと、言ってました」
「俺を殺せ、、ボスの指示を相手に漏らす奴がいるのか」
「シチリアの幼馴染で同じジップス(NY新興シチリア系マフィア下部組織。汚い仕事を請け負う。遂行後シチリアに送り返されるのでFBIの目も届かずNYファミリーに重宝されている)です。奴は未だガンビーノの下働きで俺みたいにファミリーの一員になっていません。他のジップスも動いているようですから気を付けて下さい」
「カルロ、俺は消える。マフィアを抜ける」
「え!もう戻っては?」
「そのつもりだ。次のボナンノ・ボスは多分スキラッチになる。お前、風当たりがきつくなるぞ」
「かまいません。必ず這い上がって見せます。ジップスでもやれるというとこを見せないと、、俺がボナンノ・ファミリーでここまでになれたのは鉄二さんのお陰です。本当に感謝しています。何かあったら連絡ください、何があっても駆けつけます」
「最初に会ったのは18だったか、餓鬼だったお前が一丁前のことを言うようになったもんだ。カルロ、今は自分が生き残ることだけを考えろ、いいな!」

二人が見ていた。

「狙われているのか?」
「そんなこと言ったか、、冗談だ。ガンビーノのとっつあんが俺みたいな下っ端の命を狙うはずがない」
「お前を狙っていると聞こえたが」
「忘れてくれ。もうどうでもいいことだ」
「鉄二が狙われているのはお父さんと関係が?」
「ない、俺は下っ端だ」
「、、ファミリーから出るの?」
「廃業、日本のギャングスターの親父に会うのも悪くないかなと思っている」
「鉄二、俺の部屋は当分使わん。花子さん、KISS、徹、3人いるが、居心地はいい」
「ありがたいが、それはよすよ」
「巻き添えを恐れているのか」
「それもあるが、一人の方が気楽だ」

GOの携帯が鳴った。
徹からだった。珍しく声が荒れている。

「どうした、お前らしくないな。声がとんがってるぞ」
「何とでも言っていいよ。この受話器を油で揚げてハンバーグにしたいぐらいなんだもん。GO、今どこにいるの?もう6時近いのにマイケルから電話がないんだ」
「それで怒っているのか?」
「だって、花子さんもKISSも急にいなくなってさ僕一人さ。GOは返ってこないしさ。
マイケルから電話があったら僕一人で会うなと、誰かさんが言ってたのに、いないんだもん」
「悪い、今日は、、当分、、帰れない。友達のお父さんに不幸があってな。今、レノックスヒル病院の近くだ。花子さんとKISSはどうした?」
「明日の予定だったGROOVYシャツの打ち合わせが急に変更になったらしいよ」
「そうか、困ったな。徹、太鼓は今日無理だな。マイケルから電話があったらKISSと一緒に行ける日に変えてもらえ。それしかない。お前、一人では絶対に会うな、いいな」
「そんな!太鼓はキャシーが必要なんだ。もうコンサートも近いし」
「徹、マイケルには一人で会うな。いいな、これだけは守ってくれ」
「なんだ、GOは、、大人は皆勝手なんだから、それしても、もう6時なのに電話がないんだよ」
「今日は無理なんだから気長に待ってろよ。お前らしくないぞ」
「僕らしくないってどう言うことさ。まだここの空気吸って7年しか経っていない子供に言わないでよ。僕、まだどこにいるのかも分からなくて手探り状態なんだからさ」
「悪かったな、手探り状態の子供に言って、、生意気な言葉使いやがって」
「何さ!」
「御免よ!とにかく、待て、いいな。あ、、それから花子さん、マイケルの住所分かったらFBIに知らせろと言ってたか」
「う、うん。知らせるなって。僕も絶対に知らせたくない」
「じゃな、徹」

鉄二が、、の目が輝いていた。

「お前、今マイケル、と言ったか」

テーマ : 連載小説
ジャンル : 小説・文学

■ Comment

非公開コメント

dorock osamu

Author:dorock osamu
今の社会、右、左はないのでしょうが、どのような状況であれ、妥協せず、批判的な目だけは持ち続けたい人間です。お付き合い頂けたらありがたいです。

最近の記事
dorock 全作品一覧

全ての記事を表示する

category

CATEGORIES

MONTHLY

Link Free
ランキング

FC2 Blog Ranking

you're always welcome
著作権
管理人に帰属します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。