スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1:わいぎぎ亀は亀. Fax

わいぎぎ亀は亀ツアーデスク

未完です(執筆中)

登場人物
ゆかり ホフマン: 亀は亀ツアー@ホテル・デスクチーフ。ハワイ在住20    
          年
鈴木幹夫: 亀は亀ツアー社員 
ウイルス・コンパソ: 亀は亀ツアー社員、メキシコ系米人
アキ: 亀は亀エアポートスタッフ、中国系米人
スパイウェア: 亀は亀ツアー・ホテル手配チーフ、
ジョン トラボルタ:ホノルルアドバタイザー新聞社、社員
トミー ラソーダ:Xホテル支配人
長田敵矢(ながだ てきや): 北海道のやくざの息子
長田順子(ながだ じゅんこ): てきやの妻
長田秀吉(ながだ ひでよし):北海道、札幌暴力団 長田組、組長
長田昭雄(おさだ あきお): ワイキキ在住。おさだ かんじゅうろうの息     
          子
長田勘十郎(おさだ かんじゅうろう): ツーリスト

1: Fax
2: 苦情
3: わけのわけは たわけ
4: スパイウェア
5: ウイルス 
6: 亀は亀・カメハメア・ツアー:
7: ふんこ、うんこ、ながた
8: スーツケース行方不明
9: 福助のももしき
10: イミグレ
11: 山分け
12: 神さん、あんた共犯だぜ
13: 出てきたスーツケース
14: the end of the world


fictionです。

1:Fax    

ハワイ・オアフ島、ワイキキ@ホテル内、亀は亀ツアーデスク。奥行き5m、幅20m程のガラス張りの入り口,中にデスクが並んでいる。
早朝出勤したゆかりがFaxを読んでいる。

@ホテル・亀は亀ツアーデスクチーフ: ミス ユカリ ホフマン殿

御長男様、長田敵矢様御結婚式の参席を米国移民局ブラックリスト対象者の為、見合わせていた長田秀吉様、御夫妻カナダ、バンクーバー経由でそちらに向かうことになりました。御長男様、米入国を知って大変喜んでいらっしゃいました。もちろん敵矢様もブラックリスト対象者ですよ。

御と様にくたびれそうなので大変書きづらいのであります。ゆかり君、少し省きますよ。
秀吉様は4名様のパーティでカナディアンパシフィツク007便、成田発午後6時、バンクーバ着翌朝7時30。ホノルル到着はそちらの時間で明日午後1時の予定です。フライトはエアカナダ106便です。この情報は敵矢様、到着しだい伝えてください。
昔よく利用していたXホテルは顔を覚えられているので外しました。いろいろあったようです。
なんでも、メイドが部屋に日本酒を持っていくと日本刀でビーフ切っていた、、とか、、刺青が日本刀を両手にサーフィンしている秀吉様、それも背中一面、なのにワイキキビーチでサーフィンをしていたと、、あきれますね。ホノルルアドバタイザーの新聞にも載ったようです。見出しが“サーフィンヤクザ”。これじゃあブラックリストに載りますよね、ですからゆかり君の@ホテルにしました。極道様、親子、大変でしょうがお願いしますよ。

秘密を教えましょう、適矢様、米入国できたのは私の知恵によりますよ。新規に取得したパスポートの姓は本来の“NAGADA”ではなく“NAGATA”にしてあります。“だ”を“た”にした訳です。
もちろん、こちらの御役所様にはお金を払いましたよ。案の定、米移民局のコンピューター様は見破れませんでした。もちろん、秀吉様もそうしてあるので100%入国出来ると確信しています。これで新婦の夢でもあったハワイでの結婚式、上手く行きそうです。
なお、新婦のご両親は参席されません。皆様もブラックリストで米国にはもう入れないと伺っています。それにボディガードを連れ大挙して行くとなると新婦の夢を壊しかねないと判断されたようです。
余談ですが、敵矢様入国成功の際は新婦、新郎の御両親はどちらが行くか、何でも“さいころ”を振って決めた、と。

秀吉様は“亀は亀ツーリスト”社長、橘と面識がおありで、よく御世話をするように、とのことです。
以前Faxした、広域暴力団、、、、、、、、、旨の情報は表に出さないで処分するように。その時点で社長と面識うんぬん、、の情報を得ていませんでしたのでくれぐれもお願いしますよ。その情報に接した社員には厳重な緘口令をお願いします。もしそれを破った者がいたら首もありえると思わせてください。
この件は社の上層部の限られた者しか知りません。社内で漏れないよう極秘扱いで通常の客のように装おってください。もちろん、デスクの者にはこの情報を知られないように。

社長はゆかり君の処遇並びに賃金アップを考慮しているようです。がんばりなさいよ。
                                       荒川

テーマ : 戯曲
ジャンル : 小説・文学

■ Comment

非公開コメント

dorock osamu

Author:dorock osamu
今の社会、右、左はないのでしょうが、どのような状況であれ、妥協せず、批判的な目だけは持ち続けたい人間です。お付き合い頂けたらありがたいです。

最近の記事
dorock 全作品一覧

全ての記事を表示する

category

CATEGORIES

MONTHLY

Link Free
ランキング

FC2 Blog Ranking

you're always welcome
著作権
管理人に帰属します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。